[2018/07/03]クラウド&データセンターコンファレンス 2018 Summer

「選ばれるクラウド&データセンターはここが違う!」
DXで求められるITインフラサービスの要件となすべきアクション

あらゆる企業にとって不可避の課題となったデジタルトランスフォーメーション(DX)。それに取り組む企業に選ばれる側のデータセンター/クラウドサービス事業者にとっても喫緊の課題であることは言うまでもありません。

多種多様でしかも膨大なデータの取り扱い。それを可能にする技術・手法。求められる導入・展開のスピード……これまでの常識がガラリと変わるDXへの取り組みでニーズが高まるのが、柔軟かつスケーラブルにITインフラ/リソースを提供・展開可能な「サービスとしてのデータセンター」です。とりわけ伝統的なデータセンター事業者には、サーバーやストレージ、業務システムを収容する固定的な「ファシリティとしてのデータセンター」という旧来の概念・モデルからの転換が迫られています。

今回のクラウド&データセンターコンファレンスでは、「デジタル変革待ったなし! サービスとしてのデータセンターへの刷新ロードマップ」と題して、DX時代のデータセンターのあるべき姿、有効なサービス/ソリューション、そして、ユーザーのみならず事業者自身のデジタルシフトに向けて、今なすべきアクションを詳らかにします。

株式会社インプレス IT Leaders / クラウド&データセンター完全ガイド 編集長 河原 潤

注目セッション

[オープニング基調講演](13:00~13:45)
古田 敬
デジタルエコノミー時代のデータセンター、その役割と最新トレンド
 
エクイニクス・ジャパン株式会社
代表取締役 兼 北アジア事業統括
古田 敬
[特別講演](14:40~15:30)
佐藤 一憲
TensorFlowとCloud MLで広がる「現場で使える機械学習」
―Google/GCPの実践
グーグル合同会社
Google Cloud Platformチーム デベロッパーアドボケイト
佐藤 一憲
[クロージング基調講演](16:30~17:20)
鈴木 勝久
「データドリブンなデータセンター」が導くユーザーと事業者のデジタル変革
株式会社IDCフロンティア
代表取締役社長
鈴木 勝久

開催概要

イベント名
クラウド&データセンターコンファレンス 2018 Summer
デジタル変革待ったなし!「サービスとしてのデータセンター」への刷新ロードマップ
日時
2018年7月3日(火) 13:00~17:20 (受付開始12:30)
会場
・都営三田線・新宿線 東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A9出口 徒歩2分
・東京メトロ東西線 竹橋駅 3b出口 徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 B7出口 徒歩7分
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B7出口 徒歩7分
・JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩10分
定員
150名
受講料
無料(事前登録制)
主催
株式会社インプレス
クラウド&データセンター完全ガイド/クラウド Watch/IT Leaders
参加対象
1.ユーザー企業、SIer/NIer/CIerに最適なITインフラを提供するクラウド/データセンターサービス事業者
2.自社データセンター/ITインフラの設計・構築・運用に携わるユーザー企業の責任者・担当者
3.ユーザー企業のITインフラ企画・選定・構築・運用を支援するSIer/NIer/CIer
※上記以外のお客様、ならびに弊社およびスポンサー各社との競合関係にあるお客様など、お申し込みにあたりましては業種、職種などを含めた弊社基準による判断により、参加のご希望に沿えない場合がございます。当日お越しいただいても受講いただけませんので何卒ご容赦ください。
また、コンサルティング関連のお客様、および個人、学生のお客様はお申し込みいただけません。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ先
株式会社インプレス イベント事務局
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

協賛企業