ブロックチェーン基礎講座2018 ~ブロックチェーン概論:斉藤賢爾編~ ブロックチェーン基礎講座2018 ~ブロックチェーン概論:斉藤賢爾編~

“あの”斉藤賢爾氏と直接話せる貴重な機会、見逃すな!

今回は、「ブロックチェーン基礎講座」シリーズで、メイン講師を務めていただいている慶應義塾大学 SFC研究所/環境情報学部 上席所員/講師の斉藤賢爾氏がインプレスから刊行した「信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来」 (インプレス・NextPublishing)の上梓記念を兼ね実施いたします。

揺籃期にあるブロックチェーンを、未来への提言・事例講演・アイデアソン等から構成し、未来を見つめながらも、現状を踏まえて、ビジネス・社会システム変革への途を多様な角度から理解を深めるよう構成いたしました。この授業受講後には、ビジネス/業務分野に幅広くの利用・応用を検討できるようになると確信しておりますので、1人でも多くの方々の受講を心よりお待ちしております。

授業の特徴
  • メイン講師を務めていただいている慶應義塾大学 SFC研究所/環境情報学部 上席所員/講師の斉藤賢爾氏がインプレスから刊行した「信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来」 (インプレス・NextPublishing)の上梓記念
  • 同著を問題提起としながら事例講演を加え、未来のブロックチェーンと現状利用との対比を置き、受講者を交えたワークショップを実施
  • 他の同様なタイプの授業よりも低価格(受講料、テキスト代含)な受講料で実施
  • 全3回。すべて就業後に参加し易い午後7時から授業を開始(1回:120分)

既にフィンテック、ブロックチェーンプロジェクトに参加している方は勿論、新規事業企画部門・担当スタッフの方など幅広い階層の方々等、多くの部門・皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講師紹介

牧野 司 氏

慶應義塾大学 SFC研究所/環境情報学部で上席所員/講師(非常勤)、また、早稲田大学 大学院経営管理研究科で講師(非常勤)を務め、17年以上にわたりP2Pおよびデジタル通貨等の研究に従事し、最先端の分散台帳コンセンサス技術基盤環境に精通。白熱の授業と熱血のファシリテイトを展開していただきます。

充実のカリキュラム!

1日目
斉藤氏の展開する「Beyond Blockchain」論を中心に、その後に想像される非連続な社会システムのあり方を講演いただきます。
2日目
同氏がCSOを務める株式会社ブロックチェーンハブのIndustry Analystである堀 鉄彦 氏から「ビジネス分野でのブロックチェーンの有効活用のために(ブロックチェーン導入事例等の紹介含)」の特別講演をしていただきます。
ブロックチェーンの目指す未来と、一部では実用化、テスト検証などへと向かう先進企業もある反面、実務運用に耐えるものなかと不信を募らせる方々や、「ブロックチェーンをどのような業務に利用すれば『効果が上がるのか?』」、という問いに答えられず利用に躊躇するという現状と対比しながら講義を深めたいと考えております。
最終回
冒頭の基調講演と事例講演を踏まえて、受講者の皆さまとビジネスクリエーションの視点から、相互にディスカッション/ワークショップ的な時間を設け、新たなビジネス創出とブロックチェーン利用のための簡素なアイデアソンを予定しています。
  • ※昨年及びインプレスが実施している各種講座に参加いただいた方も、新たな知識・知見の取得の意も含め受講をお薦めいたします。

受講お申し込み(有料)はこちら

インプレス・セミナーについて

インプレスでは、「データサイエンス・機械学習」の、その有用性にいち早く着目し、2014年5月から「データサイエンス基礎講座」を企画・実施を皮切りに、「ブロックチェーン」・「MixedReality」など、今、IT/ビジネスで最も旬なテーマを取り上げ授業を企画・実施してまいりました。

この中で「ブロックチェーン基礎講座」シリーズとして、2016年9月、2017年2月・7月・10月、2018年2月と、通算5回を数えます。また、「ブロックチェーン基礎講座<概論編>」、「ブロックチェーン基礎講座<Hyperledger Fabric編>」と、タイプの異なる機能・製品形態を取り上げながらも、ブロックチェーンの基礎知識理解のための講義とコアとなる基盤環境を、受講者に実際に構築・ハンズオンしていただく授業セミナーを継続実施してきています。実施回は、いずれも多くの受講者に集まっていただき、授業内容についても高い評価を得ています。