ブロックチェーン基礎講座 2018 ~ハンズオンとアイデアソン編~ [2018年2月13日(火)・2月16日(金)・2月22日(木)・2月27日(火)(全4回)]

「ブロックチェーン」を巡って、実用面では利用ビジネスシーンを実際に限定した製品検証・システム構築が、また、機能・性能の面で特徴ある多様な製品が登場し始めています。

既に、一部では実用化、テスト検証などへと向かう先進企業もある反面、実務運用に耐えるものなかと不信を募らせる方々や、「ブロックチェーンをどのような業務に利用すれば『効果が上がるのか?』」、と言う問いに答えられず利用に躊躇すると言う側面も否定できません。

インプレスではこうしたトレンドを捕え、2016年9月、2017年2月・7月・10月に、「ブロックチェーン基礎講座」、「ブロックチェーン基礎講座<Hyperledger Fabric編>」を実施し、ブロックチェーンの基礎知識理解のための講義とコアとなる基盤環境を受講者に実際に構築・ハンズオンしていただく授業セミナーを継続実施してきています。
実施回は、いずれも多くの受講者に集まっていただき、授業内容についても高い評価を得ています。

今回は、

  1. 「ブロックチェーンの基本的な特徴/機能」について講義・演習で理解を図っていただく
  2. 受講者の皆さまとビジネスクリエーションの視点から、相互にディスカッション/ワークショップ的な時間を設け、新たなビジネス創出とブロックチェーン利用のための簡素なアイディア・ソンも実施

といった2つの柱を中心に、「ブロックチェーン基礎講座2018 ~ハンズオンとアイデアソン編~」として、授業構成を組み立てました。

主要な授業趣旨としては、

  1. ブロックチェーンの基本機能/と特徴を講義と演習で把握する
    デジタル署名によるデータ構造・ダイジェストを格納するブロックの連鎖の構造・コンセンサスプロトコル等、ブロックチェーンの持つ特徴・基本機能を講義・演習に由って教導いたします。
  2. ブロックチェーンの基本機能を把握したところで、受講者自らが、自社での適用分野を想定し、忌憚なく語れるように小チームに分け、ワークショップの時間を設けます。それぞれがブロックチェーンを利用した自由なビジネスアイディアを語り合うオープンイノベーションの場として活用下さい。

講師には、15年以上にわたりP2Pおよびデジタル通貨等の研究に従事し、最先端の分散コンセンサス基盤環境に精通する慶應義塾大学 SFC研究所/環境情報学部で上席所員/講師(非常勤)、また、早稲田大学 大学院経営管理研究科で講師(非常勤)を務める斉藤賢爾氏を迎え、白熱授業を展開していただきます。

また、同氏がCSOを務める株式会社ブロックチェーンハブから、ブロックチェーンの導入事例の紹介をしていただきます。ブロックチェーンの導入の狙い・効果的な利用と言う観点から、視聴並びに質疑応答をしていただき、講義・演習/ワークショップから得た理解を生かせるような構成を予定しています。

揺籃期にあるブロックチェーンを、講義・演習・アイディアソン等からなる多様な角度から理解を深めるよう構成致しました。この授業受講後には、ビジネス/業務分野に幅広くの利用・応用を検討できるようになると確信しておりすので、1人でも多くの方々の受講を心よりお待ちしております。

一部繰り返しにもなりますが、既にフィンテック、ブロックチェーンプロジェクトに参加している方は勿論、新規事業企画部門・担当スタッフの方など幅広い階層の方々等、多くの部門・皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今回授業の特徴
  • ブロックチェーンの基本機能・特徴を理解する
    (ネットワーク設定、コントラクト言語または環境の作成、基本的な記法等、ライブネットへの接続、 開発環境(フレームワーク)の利用によるアプリケーションの作成等)
  • ブロックチェーンのテクノロジー面からの把握だけではなく、ビジネスへの適用/活用を如何に実現するかと言う面から、受講者が相互に意見を出し合うワークショップの場を設定
  • 他の同様なタイプの授業よりも低価格(受講料、テキスト代含)な受講料を実現
  • 全4回。すべて就業後に参加し易い午後7時から授業を開始(1回:120分)

※昨年及び前回実施した『データサイエンス基礎講座』を受講された方にも受講をお薦めいたします。

受講お申し込みはこちら

開催概要

セミナー名 ブロックチェーン基礎講座 2018 ~ハンズオンとアイデアソン編~
日時
  • 2018年2月13日(火)19:00~21:00(受付開始 18:30)
  • 2018年2月16日(金)19:00~21:00(受付開始 18:30)
  • 2018年2月22日(木)19:00~21:00(受付開始 18:30)
  • 2018年2月27日(火)19:00~21:00(受付開始 18:30)

全4回

会場

インプレスグループ セミナールーム

東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23F

  • 三田線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 新宿線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 半蔵門線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 東西線竹橋駅[3b]徒歩5分
  • 千代田線新御茶ノ水駅[B7]徒歩5分
  • JR線御茶ノ水駅[御茶ノ水橋口]徒歩8分
主催 株式会社インプレス
協力 株式会社ブロックチェーンハブ
特別協力 フューチャーブリッジパートナーズ株式会社
参加対象
  • ブロックチェーンの企画・利用・実装・API開発等に携わる方 業務やIT利用に利用・活用を考えられている方 その他フィンテックに関する業務・企画をしている方々 等

※今回の講座は、数ある「ブロックチェーン」プロトコルの中から、「Ethereum(イーサリアム、エセリウム、イサリアム)」を選択し、ごく小さな環境で、手を動かしながら「動作の検証・特徴を掴む」事を主眼にした講義構成を予定しています。必ずしもコンピュータ及びブロックチェーンに精通している必要はありません。ブロックチェーンに初心者の方、企画・関連プロジェクトで利用方法を模索する方など、初級編として、是非、本講座をご利用ください。

受講料 5万8,000円(税込)
お問い合わせ先

株式会社インプレス ブロックチェーン基礎講座 2018 事務局(担当:石川義貴)

E-mail:bc-event@impress.co.jp

受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

定員 50名(最少開講人数20名)
※応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。

受講お申し込みはこちら

注意事項

  • 最少開講人数20名となります。
  • 受講票は2018年1月29日(月)以降、順次電子メールにてご連絡させていただきます。
  • 応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。今回ご受講いただけないお客様には、次回の開講について、改めてご案内させていただきます。
  • 講師・講座内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承ください。
  • 製品購入を前提としたり、製品販売促進のためのセミナーではありません。

重要:利用ソフト、持参PC等、機器について

*授業の演習には、PCを利用します。ご自身のPCを持参ください。
必要最低限のPCリソースで演習可能な内容です。

[推奨環境]
  • CPU:64ビット
  • OS:Linux(Ubuntu)、Windows 10(Windows Subsystem for Linux (WSL) を使用)、Mac OS X(Yosemite 以降)
  • Linux環境を利用の場合は Ubuntu を推奨・サポートします。Ubuntu 以外の環境の場合は自助にてお使いください。
  • Windows環境でも WSL により Ubuntu を動作させ、利用します(WSL ではハンズオンの一部について体験できない可能性がありますが、 全体として大きな支障はありません)。

※ロゴ、記載されている 製品およびサービス名は、会社名・団体名は、各社の商標または登録商標です。