利益向上、社員エンゲージメント、満足度に向けPSAを!

日本の情報サービス企業ではほとんど使われていませんが、米国ではプロフェッショナル・ワーカーを支援するPSA(プロフェッショナル・サービス・オートメーション)と呼ばれるツール/サービスが広く普及しています。プロジェクトに従事する人材(プロフェッショナル)の業務内容や稼働状況をきめ細かく把握し、ひいては採算や進捗を正確に記録・管理するものです。それだけが理由ではないにせよ、結果として米国では様々な職種の中で常にITプロフェッショナルがトップ3に入るほど人気を集め、同時に情報サービス企業やIT企業、コンサルティング会社などの利益率向上に貢献しています。

日本の情報サービス企業はこれに倣うべきではないか。少なくともPSAについて学ぶべきではないか。そうすれば利益率の向上はもとより、人材の採用やスキルアップの悩みが緩和される。何よりも「働き方改革」が喧伝される今日、PSAを知ることは不可避でさえある。このような考えのもと、PSAに関する緊急セミナーを企画しました。当セミナーでは米シリコンバレー在住でPSAに詳しい山谷正己氏(米国Just Skill代表)による米国の事情や動向の解説、PSAソリューションの有力企業である日本オラクル、ワークデイ、Clarizenの3社によるPSAのデモと事例の解説を用意しました。

さらに聴講者の皆様からの質問に登壇者が回答する「Q&Aセッション」を設け、PSAを深く知っていただく機会を設けました。情報サービス企業や情報システム子会社の経営マネジメント層や事業責任者、システム部門のトップの皆様のご参加を、心からお待ちしております。

注)PSAとは

PSAは本来、弁護士や会計監査人、ITコンサルタント/ITスペシャリストといったプロフェッショナル・ワーカーが、どのプロジェクトや仕事のためにどれだけの時間、どんな仕事をしたのかを可視化してマネジメントするためのツール/サービスです。これにより個々のプロフェッショナル人材が自ら自分の業務状況を的確に把握し、マネジメントとの合意のもと有限の時間を管理し、本来の業務に集中したり、レベルアップ/スキルアップに励むことを可能にしています。

その前提には「プロフェッショナル・ワーカーは時間課金である」という風土・慣習があります。これが人月課金が一般的な日本においてPSAが普及しにくい理由の一つです。しかし仮に人月課金であっても個々のプロフェッショナルの時間を把握することは、適切な評価・処遇を実現し、ひいては定着率の向上や従業員満足に好影響をもたらには不可欠です。今、関心の高まっている働き方改革にもそうですし、中長期的的には人月課金から脱却し、クライアントと良好な関係を築き、利益率の向上や継続的な案件創出を生み出すために役立つと考えられます。

今回授業の特徴

シリコンバレーなど米国IT業界の生情報を聞ける
米国で高いシェアを持つPSAベンダー3社の最新ツールを理解できる
PSAツールのデモを通じて、何が必要なのかを把握できる

開催概要

イベント名

情報サービス企業の明日の姿「プロフェッショナルサービス企業」へと舵を切る
~働き方改革を正しく実現し、社員満足/スキル向上を両立~

日時

2019年9月12日(木)14:00 ~18:00(受付開始:13:30)

会場

インプレスグループ セミナールーム

東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23F

三田線 神保町駅[A9]徒歩1分

新宿線 神保町駅[A9]徒歩1分

半蔵門線 神保町駅[A9]徒歩1分

東西線 竹橋駅[3b]徒歩5分

千代田線 新御茶ノ水駅[B7]徒歩5分

JR線 御茶ノ水駅[御茶ノ水橋口]徒歩8分

主催

株式会社インプレス

協力

参加対象

  • 情報システム会社の経営者
  • 顧客のシステムを開発する部門のプロジェクト・マネージャー
  • システム・エンジニア(SE)
  • 営業担当者、技術営業担当者等
  • 企業内の情報システム部門のプロジェクト・マネージャー
  • システム・エンジニア(SE)
  • 経営者、CIO(最高情報責任者)
  • CDO(最高デジタル責任者)等
  • 企業の情報システムに関連するITコンサルタント会社のシステム開発および営業関係者等

受講料

6,000円(税込)

定員

30名(最少開講人数15名)

※応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社インプレス セミナー事務局
(担当:石川義貴)
E-mail:jimukyoku@impress.co.jp
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

注意事項

  • 最少開講人数15名となります。
  • 応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。
    今回ご受講いただけないお客様には、次回の開講について、改めてご案内させていただきます。
  • 講師・講座内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承ください。
  • 製品購入を前提としたり、製品販売促進のためのセミナーではありません。

重要:利用ソフト、持参PC等、機器について

  • 受講時に必要な機材、事前に用意するもの等はございません。

タイムテーブル

※プログラムは予告なく変更となる場合がありますので、ご了承ください。

9月12日(木)

14:0015:20(80分)

基調講演

米国最新動向から把握する「PSA」の実像~サービスを、コストから利益に変える!~

山谷 正己 氏

Just Skill,inc

米Just Skill,inc社長、IT Leaders米国特派員

山谷 正己

講演概要

欧米、インドなど海外の情報サービス/IT企業と、日本の情報サービス/IT企業の間には歴然とした収益格差があります。海外では売上高比で2桁台が当たり前なのに、日本では1桁台が多数を占めるのです。当然、報酬を上げられず、新人材用はもちろん優秀なエンジニアの流出を招くのは必定です。既存の人材のスキル向上も困難であり、競争力が削がれます。ではどうすればいいのかでしょうか。答はサービスを収益に直結させること、すなわちプロフェッショナルサービス・オートメーション(PSA)の実践にあります。本講演では日本企業にマッチしたPSAの導入および活用について、日米の情報サービス/IT業界に精通した山谷氏が解説します。

15:2016:00(40分)

セッション1(デモあり)

NetSuite OpenAirの機能とデモ

日本オラクル株式会社 ネットスイート事業統括本部 営業本部

シニアマネージャー

岸 哲也

ハイブリィド株式会社

代表取締役CEO

中山 大輔

講演概要

1500社以上が導入するOpenAirは、プロジェクト管理、人的リソース管理、複雑な時間と経費の追跡、プロジェクト会計までITサービスとプロジェクトをサポートするPSAソリューションのグローバルリーダーです。企業はクラウドベースのソリューションを活用して、プロフェッショナル人材に関する洞察、プロジェクトの収益性マネジメントを遂行できます。本講演ではハイブリィド社の導入事例、デモとともにOpenAirのパワーをお伝えします。

16:0016:10(10分)

休憩

16:1016:40(30分)

セッション2(デモあり)

Workday PSAの機能とデモ~人材と財務管理をベースにしたPSA~

ワークデイ株式会社

HCMソリューションコンサルタント

八重樫 謙輔

講演概要

人財管理サービスによる従業員の職務経歴やスキルの情報、財務管理サービスによる売上げや費用の情報を加味し、最適な要員をプロジェクトに配置します。プロジェクトに携わった時間、経費を入力、クライアントへの請求を管理するのが、WorkdayのPSAの特徴です。プロジェクトの収益性管理に加えて、要員の育成やエンゲージメントの維持といったピープルイネーブルメントを可能にします。本講演ではデモを交えて紹介します。

16:4017:10(30分)

セッション3(デモあり)

ClarizenにおけるPSAの機能とデモ~プロジェクト管理をベースにしたPSA~

Clarizenジャパン株式会社

代表取締役社長

日下 浩

講演概要

Clarizenは2006年に米国で設立され、クラウドベースのプロジェクト管理ツールとして大企業を中心に世界4000社以上に導入されています。PSAソリューションも早くから提供しており、人材リソース管理を行うことでプロジェクト全体の進捗管理を最適化。プロフェッショナルサービス企業が抱える問題を解決します。本セッションでは事例とデモでClarizenのPSAを説明します。

17:1018:00(50分)

Q&Aセッション

講演概要

インプレスの編集主幹でありIT Leadersプロデューサーの田口潤が司会を務め、基調講演者、セッション講演者を交え、聴講の皆さんから質問を受け、登壇者全員でお答えします。

司会
田口 潤

株式会社インプレス

IT Leaders 編集主幹

田口 潤

  • ※ 講師・講座内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承ください。