データサイエンス基礎講座2018<ディープラーニング(CNTK)編>[ 2018年3月16日(金)・17日(土)(全2日間)]

インプレスでは、「データサイエンス・機械学習」の、その有用性にいち早く着目。
2013年秋からビッグデータ、AI研究の先端研究が進む東京工業大学大学イノベーションマネジメント研究科/東京大学政策ビジョン研究センターに協力を仰ぎ、授業タイプのセミナーとして改めて企画し、<2014年4月からデータサイエンス基礎講座>として実施してまいりました。

現在、「R:演習編」、「Python編」、「Microsoft Azure MachineLearning編」、「IBM Watson―アプリケーション編」など多くのタイプの授業を実施しております。

データ分析担当者だけではなく、情報エンジニアリング部門、新規事業部門、品質管理部門の方々、先端外資系ITベンダー等、幅広い各層の方が参加し、毎回・満席の活況を呈しています。

今回、2018年3月度は、「データサイエンス基礎講座<ディープラーニング(DNN)編>」のシリーズを拡大し、「The Microsoft Cognitive Toolkit(CNTK)」を取り上げ、「データサイエンス基礎講座<ディープラーニング(CNTK)編>」として実施いたします。

  • ※通常の「データサイエンス基礎講座」とは異なり、各種スキル・経験を要する「中級編」として実施いたします。受講対象の要件を参照の上、受講を希望下さい。

構成は「講義」と「演習」を主体としたディープラーニングの基本的な理解を主体としますが、ビジネスアナリティクスの観点から「ビジネスの課題の明確化」とともに、「DNNの最適な利用/適用分野の選別」も受講者とともに考え議論したいと考え企画しました。

講師には、インプレス主催の「データサイエンス基礎講座<IoT/ビジネスアナリティクス編>」で、Microsoft Azure Machine Learningをベースにした機械学習講義を担当し、受講者から絶賛の声を得ているテクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社を迎え、蓄積したDNN利用ノウハウを基に、授業を実施いたします。

具体的には、CNTKをベースにして、DNNの近年実績と概要から、DNNの基本要素の説明、特徴となる畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の概要、転移学習/オートエンコーダーの講義と、「Azure VM」の環境を利用した、それぞれの演習/ハンズ・オンを実施いたします。

  • ※Azure環境でDNNを高速/効率的に活用できるGPUインスタンス(Data Science VM)をテスト利用し、その効果や長所を体験できるような受講環境を設定し授業の実施を予定しています。また、受講した場合にはGPUインスタンス(Data Science VM)の自習環境を3週間程度、利用できるようにいたします。

合わせて、実際、マイクロソフト社でも実践している、チームで実践する機械学習のアイディア創出・実装・チューニングの「Team Data Science Process」について詳解いたします。更に、よりCNTKを効果的に利用・開発をサポートする「 Microsoft Machine Learning Services」 概要の解説とハンズ・オンも実施いたします。
このセッション部分は、日本マイクロソフト社のコマーシャルソフトウエアエンジニリング本部・テクニカルエバンジェリズム部・プリンシバルソフトウエアデベロップエンジニアの畠山 大有(はたけやま だいゆう)氏が自らメイン講師を務めます。受講者の皆様へ機械学習を適用業務への応用・利用を、より効果的に遂行させる術を教導いたします。

既に、データ分析プロジェクトに参加しているマネージャー/ディレクター・クラスの方は勿論、初めてのスタッフの方など幅広い階層の方々が、本講座を通じ「機械学習/ディープラーニング」への理解を深め、応用できる素養を身に付ける場として利用下さい。

データ分析業務・IT活用部署だけではなく、ビジネスにデータ分析を活かしたい多くの部門・多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今回授業の特徴
  • The Microsoft Cognitive Toolkit(CNTK)を利用してDNNの基本機能と特徴を講義と演習で理解を図る
  • クラウド(Azure VM)を活用したAI利用の利点/留意点を習得する
  • Azure環境でDNNを高速/効率的に活用できるGPUを利用し、その効果や長所を体験できるよう構成
  • マイクロソフト社でも実践しているチームで実践する機械学習のアイディア創出・実装・チューニングの「Team Data Science Process」について詳解。加えて、CNTKの開発をより効果的にサポートする「Azure Machine Learning Services」の演習・ハンズオンを実施
  • 受講した場合には、GPUインスタンス(Data Science VM)の3週間利用可能の自習環境を提供
  • 全2日。就業後に利用しやすい金曜日(16日)/土曜日(17日)に実施
※受講に際しての留意事項:
  • 大学初等レベルの微積分と線形代数を理解している
  • Python/R/Javaの基本文法を経験/勉強した事がある
  • 統計/機械学習について勉強または経験した事がある

の要件を満たす方の受講を推奨

  • ※昨年及び前回実施した『データサイエンス基礎講座』を受講された方も、知識の再整理・復習の意も含め再受講をお薦め致します

受講お申し込みはこちら

開催概要

セミナー名 データサイエンス基礎講座2018<ディープラーニング(CNTK)編>
日時
  • 2018年3月16日(金)19:00~21:30(受付開始 18:30)
  • 2018年3月17日(土)10:00~17:45(受付開始 09:30)

全2日間

会場

インプレスグループ セミナールーム

東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23F

  • 三田線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 新宿線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 半蔵門線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 東西線竹橋駅[3b]徒歩5分
  • 千代田線新御茶ノ水駅[B7]徒歩5分
  • JR線御茶ノ水駅[御茶ノ水橋口]徒歩8分
主催 株式会社インプレス
協力 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
特別協力 日本マイクロソフト株式会社
フューチャーブリッジパートナーズ株式会社
参加対象
  • AIやディープラーニングのビジネス活用を検討している方
  • スタートアップ企業の経営者、生産技術系の技術者、事業責任者、新規事業担当者
  • ユーザ企業のシステム企画・開発部門、データ戦略部門、調査部門
  • サービスプロバイダー/ITベンダー等
受講料 早割:9万8,000円(税込) ※2018年2月15日(金)までのお申し込み分
通常:12万9,600円(税込)
お問い合わせ先

株式会社インプレス データサイエンス基礎講座 2018 事務局(担当:石川義貴)
E-mail:bc-event@impress.co.jp
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

定員 30名(最少開講人数15名)
  • ※応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。

受講お申し込みはこちら

注意事項

  • 最少開講人数15名となります。
  • 受講票は2018年2月23日(金)以降、順次電子メールにてご連絡させていただきます。
  • 応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。今回ご受講いただけないお客様には、次回の開講について、改めてご案内させていただきます。
  • 講師・講座内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承ください。
  • 製品購入を前提としたり、製品販売促進のためのセミナーではありません。

重要:利用ソフト、持参PC等、機器について

授業の演習には、The Microsoft Cognitive Toolkit(CNTK)を利用します。
第1回目の授業時(3月16日)に、設定方法・ライセンス番号・インストール・稼働環境等について、ご説明致します。
また、受講時に、同クラウド環境を利用する際は、ご自身の責任において行っていただきます。