データサイエンス基礎講座 2018<RPA(Robotic Process Automation)編Ⅱ> [2018年2月2日(金)・6日(火)・7日(水)・8日(木)(全4回)]

インプレスでは、「データサイエンス・機械学習」の、その有用性にいち早く着目。

2013年秋からビッグデータ、AI研究の先端研究が進む東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科/東京大学政策ビジョン研究センターに協力を仰ぎ、授業タイプのセミナーとして改めて企画し、<2014年4月から「データサイエンス講座」>として実施してまいりました。

「機械学習」の技法・利用方法に範囲を絞り、演習を加えた授業は好評を博しデータ分析担当者だけではなく、情報エンジニアリング部門、新規事業部門、品質管理部門の方々、先端外資系ITベンダー等、既に500名以上の方々に受講していただいております。

2017年8月には、こうした好評の声を受けて、新たなジャンルとして『AIサービス/ソリューションの体感』をコンセプトに、「RPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)」ジャンルの中からシェアNo1と言われるRPAソリューション「WinActor(画像処理技術等を利用しアプリケーションを自動化)」を利用し、講義とハンズオンで構成した「データサイエンス基礎講座2017<RPA(Robotic Process Automation)編>」を実施し、多くの受講者から好評の声を聞く事ができました。

今回は、このような高評価を受け、前回の授業コンセプト(講義と演習)を踏襲し、「データサイエンス基礎講座2018<RPA(Robotic Process Automation)編Ⅱ>」として授業セミナーを実施いたします。

RPAとは、機械型ロボットが工場で生産業務を行うのと同様に、ルールエンジンや人工知能(AI)などを活用したソフトウエア型の仮想ロボットがパソコン上のルーティンワークを代行・自動化する概念で、仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも呼ばれます。
大手金融業を中心に、あらゆる業種企業で急速に普及を見せている新たなAIサービスです。

前回と同様、講師陣には、WinActorの開発・販売であり、日本最大規模のITサービスプロバイダーである株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)を迎えます。

RPAソリューションの核製品であるWinActorをベースにして、「IE操作の記録と実行」「画像マッチングによるボタンのクリック」などの基本操作から、「エクセルデータからWEBシステムへの転記」「画像マッチングと文字列送信による画面操作」まで、実務利用に沿った稼働システムが実行できるレベルまでを、丁寧なハンズオン/チュートリアルで理解を図っていただきます。

合わせて、RPAソリューションを利用するための「企画・ビジネスシーンの適用・運用」のシナリオ作成についても詳解いたします。
既に導入している基幹システム(ERP、BRMS、ワークフローシステム等)への入力・確認/承認・出力プロセスの効率化、反復的/厳格な確認プロセスを経る業務への効果的・低コスト・短期間導入へのコンサル・アドバイスも予定しています。
このような知識/操作知識をもとに、簡略な演習問題を課しますので、「手を動かしながら」理解を深めていただけるように企画しています。

RPAソリューション導入・利用プロセスの理解とツール/利用の演習の両面から、RPAの効果的な利用が理解できるような構成としています。

既に、RPAサービスの導入並びに検討プロジェクトに参加しているマネージャー/ディレクター・クラス/現場スタッフの方は勿論、今後、各種のAIサービスを検討・企画しているスタッフの方など幅広い階層の方々等、多くの部門・多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今回授業の特徴
  • RPA概念の解説、同サービス導入のためのコンサルティング・企画/システム設定/運用のシナリオ作成と言う導入プロセスの詳解、同サービスを構成するコアツールのハンズオンまで、トータルにRPAソリューションを理解できるよう授業を構成
  • 「WinActor(画像処理技術等を利用しアプリケーションを自動化)」をチュートリアルで体感(操作サポート要員が付きます。遠慮の無いサポートの要請可能な体制を準備)
  • 他の同様なタイプの授業よりも低価格(受講料、テキスト代含)な受講料を実現
  • 全4回。すべて就業後に参加し易い午後7時から授業を開始(1回:120分)

※昨年及び前回実施した『データサイエンス基礎講座』を受講された方も、新たなAIサービスの知識の取得・整理の意も含め再受講をお薦めいたします。

受講お申し込みはこちら

開催概要

セミナー名 データサイエンス基礎講座 2018<RPA(Robotic Process Automation)編Ⅱ>
日時
  • 2018年2月2日(金)19:00~21:00(受付開始 18:30)
  • 2018年2月6日(火)19:00~21:00(受付開始 18:30)
  • 2018年2月7日(水)19:00~21:00(受付開始 18:30)
  • 2018年2月8日(木)19:00~21:00(受付開始 18:30)

全4回

会場

インプレスグループ セミナールーム

東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23F

  • 三田線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 新宿線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 半蔵門線神保町駅[A9]徒歩1分
  • 東西線竹橋駅[3b]徒歩5分
  • 千代田線新御茶ノ水駅[B7]徒歩5分
  • JR線御茶ノ水駅[御茶ノ水橋口]徒歩8分
主催 株式会社インプレス
協力 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
特別協力 フューチャーブリッジパートナーズ株式会社
参加対象
  • RPAサービスの導入並びに検討プロジェクトに参加しているマネージャー/ディレクター・クラス/現場スタッフの方
  • 各種のAIサービスを検討・企画しているマネージャー/ディレクター・クラス/現場スタッフの方
  • パソコン上のルーティンワークの業務効率化に興味/関心のある企業・各部門の方
  • 情報システム部門、 企画部門、改革室
  • サービスプロバイダー/クラウド/ITベンダー等
  • 座学・講義受講のみを希望する方も受講可能
受講料 60,000円(税別)
お問い合わせ先

インプレス イベント事務局(担当:石川義貴)

E-mail:bc-event@impress.co.jp

受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

定員 30名(最少開講人数20名)
※応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。

受講お申し込みはこちら

注意事項

  • 最少開講人数20名となります。
  • 受講票は2018年1月22日(月)以降、順次電子メールにてご連絡させていただきます。
  • 応募者多数となりました場合には、受講いただけない場合がございます。予めご了承ください。今回ご受講いただけないお客様には、次回の開講について、改めてご案内させていただきます。
  • 講師・講座内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承ください。
  • 製品購入を前提としたり、製品販売促進のためのセミナーではありません。
  • ロゴ、記載されている 製品およびサービス名は・会社名・団体名は、各社の商標または登録商標です。

重要:利用ソフト、持参PC等、機器について

  • 授業の演習には、PCを利用します。ご自身のPCを持参ください。
  • PCでの演習時の機種・環境設定等は、ご自身の責任において行っていただきます。

[推奨環境]

CPU Intel Pentium4 2.5GHz相当以上
メモリ 2.0GB以上
HDD 空き容量500MB以上
画面 1024× 768が表示可能であるもの
サウンド シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカを含む)
※音機能を使わない場合には不要
OS Microsoft Windows7,8,8.1,10
ウェブラザ Internet Explorer8~11(対象業務がInternet Explorerを使用する場合)
.NET Framework 3.5~4.5(対象業務が.NET Frameworkを使用する場合)
アプリケーション MicrosoftOffice2007~2013

※Windows環境での講義・演習を前提としております。

■留意事項(受講可能になった場合には、改めて稼働環境・試用ライセンス利用方をご連絡いたします)
  • WinActorをインストールするユーザは管理者権限が必要となります。
  • WinActorを利用するユーザにはレジストリ書き込み権限が必要となります。