サーバレスアーキテクチャ基礎講座2018<AWS Lambda実践編> サーバレスアーキテクチャ基礎講座2018<AWS Lambda実践編>

2日間でマスターせよ!

今回は、2018年3月に実施し受講生からほぼ満点の高い評価と満席の受講者を得た「AWS Lambda実践講座2018」を好評の声に応え、「サーバレスアーキテクチャ基礎講座2018【AWS Lambda実践編】」として再び実施いたします。


ここがPoint!

  • AWS Lambdaを遡上に、サーバーレスコンピューティングのアーキテクチャとイベント駆動型プログラミングの基礎の理解
  • ハンズオン/演習を主体に、Lambda関数の基本理解から、受講後には、実ビジネスへの応用可能なサーバーレスシステム構築可能な実践的知識・スキルの習得
  • 他の同様なタイプの授業よりも低価格(受講料、テキスト代含)な受講料を実現

既に、AWS環境を有効活用している利用者・開発者の方は勿論、サーバーレスアーキテクチャに初めての方々、クラウドシステムの先端利用を検討している方々など、幅広い階層の方々に本講座の利用を通じて、同システムを有効利用/応用できる素養を身に付ける場として活用下されば幸いです。

多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講師紹介

森口昌和 氏

「AWS Lambda実践ガイド ~アーキテクチャとイベント駆動型プログラミング~」の著者(インプレス刊)であり、AWSやMicrosoft Azureなど各種のクラウド環境に精通し、分散アプリケーション開発に造詣の深い大澤文孝氏を迎え、講義・チュートリアル/ハンズオンの白熱授業を展開していただきます。

実践的なカリキュラム

1日目
Lambda開発者カウントの作成/Lambda開発マシンの準備/AWS CLIの準備など、演習環境のガイダンスを行います。
2日目:前半
Lambda利用のためのLambda関数仕様/構造/設計/アクセス権などの基礎知識と、イベントの発生とLambda関数の関係、Lambdaコンテナ/Lambda関数の実行/Lambda関数を呼び出し/定期的なLambda関数の実行と言うAWS Lambdaの仕組みを講義と実際に手を動かして理解を図っていただきます。
2日目:後半
前半の基礎知識を元に、実際のモデルケースを想定し、3タイプの演習課題を遡上に、S3の利用・LambaとAPI Gatewayとの連携・DynamoDBとAmazon SESの利用など、プロトタイプのイベント駆動型プログラミングを経験していただきます。
最後に演習課題
複数のLambda関数の組み合わせとSQS(Simple Queue Service)/SNS(Simple Notification Service)トピックを利用して「メールの同報送信プログラム」の作成をしていただきます。
  • ※昨年及びインプレスが実施している各種講座の参加頂いた方も、新たな知識・知見の取得の意も含め受講をお薦めいたします。

受講お申し込み(有料)はこちら

インプレス・セミナーについて

インプレスでは、「データサイエンス・機械学習」の、その有用性にいち早く着目。
2013年秋からビッグデータ、AI研究の先端研究が進む東京工業大学大学イノベーションマネジメント研究科/東京大学政策ビジョン研究センターに協力を仰ぎ、授業タイプのセミナーとして改めて企画し、2014年4月からデータサイエンス基礎講座として実施してまいりました。

「機械学習」の技法・利用方法に範囲を絞り、演習を加えた授業は好評を博し、「数学知識ゼロ、プログラミング経験ナシ、から始める機械学習」、「Python演習篇」、「IoT/ビジネスアナリティクスク編」、「IBM Watson‐アプリケーション編」、「ディープラーニングの理論と実践編」など、機械学習の初級者から実際に機械学習の利用を図る先端アナリストまでを対象に授業ラインアップを拡充してまいりました。データ分析担当者だけではなく、情報エンジニアリング部門、新規事業部門、品質管理部門の方々、先端外資系ITベンダー等が参加し、高い評価を受け、延べ1,000名以上の方々に受講いただいております。