インプレス ビジネスメディア

株式会社インプレスが主催・共催・協賛予定のセミナー・イベントをご案内します。

お申込み受付中
2019年2月15日(金)・16日(土)
データサイエンス基礎講座2019<数学知識ゼロ・プログラミング経験ナシ、から始める機械学習>
86,400円(税込)
「機械学習と統計学との違い」「機械学習の効果的なビジネスシーンへの適用」「未知への事象への応用」など機械学習の基礎知識の講義から始め、エクセル/Pythonといったツール/言語の利用/演習を通じて代表的な機械学習アルゴリズムの習得を図ります。合わせて、データ分析プロセスの前段階であるデータのモデリング/マイニング処理の演習、現実のビジネスケースを想定した演習までを行います。
2019年1月16日(水)・1月18日(金)
コンテナ技術基礎実践講座2019 シリーズ第1弾!
~ ベストセラー「Kubernetes完全ガイド」著者 青山 真也(まさや)の「Kubernetes基礎実践編」 ~ 
86,400円(税込)
Dockerの簡単な知識の整理から、Kubernetesを利用した複数のコンテナホストの管理、コンテナのスケジューリング、ローリングアップデート、スケーリング / オートスケーリングといった基本機能の習得を狙いといたします。その上で、Kubernetesは非常に多岐に渡る機能があるため、実際にプロダクション運用に必要なノウハウについても解説します。
2019年1月16日(水)・25日(金)
データサイエンス基礎講座 2019 <IBM Watson‐アプリ開発力養成編>
~ IBM Code Patternsを利用し基本機能を習得せよ!~
< 2Days of The IBM Watson >
59,400円(税込)
IBM Watson基本機能を講義とハンズオンで習得し、それらをベースにIBM Code Patternsを利用して実用的なWatsonアプリ開発の知見を得られるようにするための講座です。
受付終了
2018年12月7日(金)
Digital X Day
IoT/ビッグデータ AI最前線 構想から実用、そして競争力へ
無料(事前登録制)
本イベントでは、先進事例を踏まえながら、実現におけるデジタルテクノロジーの考え方や仕組みを解説することで、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを成功に導くためのポイントを明確にします。
2018年12月4日(火)
クラウド&データセンターコンファレンス 2018-19
大競争時代に勝つか/滅びるか データセンターの競争優位性を左右する重要観点
無料(事前登録制)
外資系クラウド事業者の攻勢をはじめ競争が激化する中での、国内事業者が市場を生き抜く術は何か。大競争時代に国内データセンター/クラウド事業者が競争優位を獲得して成長し続けるための戦略と具体的手法について明らかにする。
2018年12月6日(木)・7日(金)(全2日間)
第6回 自動車機能安全カンファレンス ~自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線~
無料(事前登録制)・一部招待制
自動車業界の枠を超えて急速に拡大しつつある「安全・セキュリティ」について、自動車メーカーやサプライヤ、官学の機能安全エキスパートが、自動運転で注目されているAIやセキュリティなど新しい技術領域の事例や最新トピックスなどを交えて、ご紹介します。
受付終了
2018年12月5日(水)・12月14日(金)・12月19日(水)・12月21日(金)
データサイエンス基礎講座2018<データマイニング/テキストマイニング + ディープラーニング(DNN):ビジネス利用演習編>
6万4,800円(税込)
2018年6月に実施した「データサイエンス基礎講座【最適化編】」で、受講生から高い評価を得た株式会社NTTデータ数理システムに、再び登壇いただきます。1982年の創立以来、数理科学とコンピュータサイエンスを利用して、常に最先端・高品質な技術・サービスを提供して来た同社が、独自開発した分析ツール群を利用して、IT/プログラミング経験が浅い方にも理解できるような授業を展開していただきます。
受付終了
2018年11月16日(金)・11月23日(金・祝)・11月30日(金)・12月7日(金)・12月14日(金)
AIで新規プロジェクトを成功に導く!社会人向けデータサイエンス講座
108,000円(税込)
武蔵野大学とインプレスは共催で社会人向けデータサイエンス講座を開催します。
充実した内容の授業構成となっておりますので、データ分析業務・IT活用部署だけではなく、ビジネスにデータ分析を活かしたい多くの部門・多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
2019年2月21日(木)
重要インフラサイバーセキュリティコンファレンス2019
問われる実効性、そして「after2020」を見据える
無料(事前登録制)
本カンファレンスは政府・団体及び事業者と連携しその対策について広く理解を得るための場として重要な位置けを担いながら、重要インフラを担う企業団体を中心としながら制御システムに関わる全ての関係各社がそのナレッジを共有し連携をさらに深められる場としての役割を担うイベントとして開催をしていきます。